浮気調査をプロの探偵に依頼

浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴むことができても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に旦那、妻の浮気が発覚したからといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。
男手一つで育てることも、また同様に仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。浮気の証拠を握るためには、最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼むことです。でも、探偵へ依頼すると調査料金も安くはないですから、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。
探偵に浮気調査を頼んだとしたら、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所の違いで調査料は変わってきますから、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。浮気の調査を探偵に任せ、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。相手が信頼できなくなってしまったらこの先の長い時間を一緒に過ごすことはかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の請求をしておけば間違いなく別れさせられるはずです。
自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が見つかったならば、別れるべきか否かなかなか決められずに困りますよね。
まずは落ち着いて、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、よく考えておくことが賢明です。
夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。
浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。
実費は交通費、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるかもしれません。
また、時間給は調査員の人数×調査時間で、費用を算出します。短い期間で浮気調査を終えると請求金額も少ないです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ