慰謝料が多い方が良い

離婚を覚悟の上で、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。
けれども1人で踏み込むと、揉め事を大きくする可能性があるので、避けるのが賢明です。
信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。
信頼できる人が見つからない場合は、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。
パートナーの浮気リサーチを探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかをあらかじめ打ち合わせをしておきます。
1時間で1万円以上もの費用がかかるので、浮気調査を行った期間が長期にわたれば高額の調査費が必要になってしまうでしょう。
調べる人の事務所により、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。
探偵による調査は高額ですから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。
簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、いざ、自分がしてみると相手に勘付かれずにつけるのは想像以上に難しいはずです。
気付かれてしまえば相手も対策をとるので、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかもしれないのです。あったことをなかったことにさせないためには、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。
夫の浮気相手のところに妻が談判に行って修羅場と化すシーンは、ドラマのシナリオでもお馴染です。配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、傷害や場合によっては殺人さえも起こるという脚本もしばしば書かれます。
配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのも方法としてアリです。
別れるつもりがあるならば、試してもいいと思います。
相手に気づかれないで浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、必要とされる技術および機材があります。
浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、顔が見分けられないような露出不足だと証拠として扱われません。
浮気調査を探偵に依頼した場合は、超小型の機材を使い相手が知らない間に鮮明に写真におさめることができます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ