その都度都度の過ちの証拠を見せられなければなりません

不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を要求しようとするのなら、敵の情報は必要ですし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を見せられなければなりません。貴方が、探偵に助けを求めるのならば、浮気の証拠をキッチリとした形で貴方に届けてくれますし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を貴方の手に届けて貰えるでしょう。探偵の特徴としては、人に怪しまれることのないよう充分に用心しながら地味にコツコツと調査していきますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、興信所から来たことを明かしてオープンなやり方で情報を集めるようです。
探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、一方、興信所は情報を集めることが上手だと言っていいでしょう。
妻又は夫が浮気していることが明らかになっても別れたくなければ浮気相手との逢引現場に向かうのはしないほうがいいでしょう。浮気の事実を突き止められると妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、離婚を避けられない事態に陥る可能性を否定できません。
それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。
わけもわからず自分で動き回るよりは、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほうがいいでしょう。
探偵に依頼すると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。自分で手を尽くして調べてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。しかし、相手を責めたてても浮気の事実はないと逃げられたら、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。
有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。興信所と探偵事務所の違うところですが、別段変わりは無いと言っても良いでしょう。
両方とも、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような同じような仕事内容です。ただ、違いをあげるとしたら、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人向けのようです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ